ラクトフェリン

全身脱毛 価格と満足度で選ぶランキング【おすすめの脱毛サロン】

母乳の必要性

出産に備えた母親学級で、母乳の必要性に関して繰り返し勉強します。

 

母乳と呼ばれるものは、子どもを産んだお母さんの体内にて、ある2つのホルモンが活性化することでできるものです。

 

赤ちゃんに刺激してもらうことでホルモンの機能が活発化するため、出産後は赤ちゃんにおっぱいを吸わせるようにすることが大事になります。

 

次第に、赤ちゃんへ授乳する時間になるとおっぱいが張ってきたり、赤ちゃんの泣いている声を聞くだけで母乳がにじむような状況になります。

 

オキシトシンと呼ばれる母乳を乳頭へと運ぶ作用のあるホルモンは、見るものや聞くことからの刺激を受けやすいものだと考えられています。

 

なので、ちょっとしたきっかけで母乳が出やすくなります。とはいえ、このような状況はどのお母さんでも生じるとは言えませんので、赤ちゃんが泣いてもおっぱいが反応しないからといって気にかける必要はないでしょう。これらの反応には、個人差があるのです。

 

問題なく母乳が出るようにするためには、お母さんの心理状態が安定していることが望ましいのです。

 

子育てをしていく上でストレスはつきまとうものですが、母乳というものはそういったストレスに非常に影響を受けやすいようです。

 

体力面と精神面で疲れすぎてしまうと、母乳を作ることができず母乳が分泌されなくなる場合があります。

 

しっかり母乳を出すためには、ストレスを溜め込まず疲れも溜めないように生活することが大切なのです。

 

お母さんでなくてもできることは極力周囲の人に手助けしてもらい、ゆとりのある生活を実現しましょう。

 

母乳が出る仕組みのことをお母さん本人だけではなく、家族など子育ての協力者にも把握してもらうことをおすすめします。

母乳に含まれるラクトフェリンが強い赤ちゃんに育てる!?

近年の研究では母乳、しかも赤ちゃんが生まれたばかりのころの「初乳」にラクトフェリンという成分が多く含まれていることが分かっています。初乳には赤ちゃんの抵抗力を付ける成分が含まれていると考えられており、ラクトフェリンが免疫力の向上に寄与しているのでは?と研究されています。


運営者情報 | サイトマップ | RSS